INTERVIEW-03

OKA KAZUKI

2019年入社

工事センター関東第1工事管理チーム

岡 和輝

OKA KAZUKI

建築系の大学院卒業後、2019 年に新卒で当社に入社。
入社後は施工管理職として関東エリアの物件を担当し、日々成長している。

大学院では何を学んでいたか?

専攻は建築史で、現存する資料を基に神社や寺社等の文化財の調査を行い、それらの現状図面を作成するなどをして歴史的価値を探る研究をしていました。

日鉄物産システム建築を選んだ理由は?

総合職としての入社なので、施工管理だけでなく将来的には設計・営業・開発などの多彩なキャリアを築くことができる点に魅力を感じ、入社を決めました。

仕事の面白いところは?

自身の作った施工計画に沿って建物が完成するまでを目の当たりにすることができる点です。
また、現場では協力業者の職人の方々と接する機会が多いですが、その中で学校では学ぶことができなかった現場の生きた知識・経験を教わることも多く非常に刺激を受けます。

仕事の大変なところは?

予想外の事態(天気や災害)によって、施工計画が崩れてしまうと計画を練り直さなければいけないので大変です。
また、現場では常に元請・協力業者・自社の三者の立場で物事を考えていく必要があるので気を遣います。

当社に入って良かったことは?

二つありますが、まずはワークライフバランスが整っていることです。
入社前に聞いていた通り残業時間は多くても 30 時間/月程度で、業界ではかなり少ない方だと思います。
住居についても、施工管理職の場合は各現場に応じたマンスリーマンションを会社負担で手配できるので、通勤の負担が少なく働きやすい環境です。
二つ目は職場の人間関係が良好な点です。
先輩も上司も面倒見が良い人が多く、困ったことがあっても相談しやすい雰囲気があります。

当社に向いている人とは?

日頃から色々な事に興味を持っている人、新しいことに抵抗感を抱くことなく関心を持って挑戦することが好きな人が向いていると思います。
日々変化していく現場をいかに効率的かつ円滑に管理できるかは、そういった資質が重要になると意識しながら自身も業務に取り組んでいます。

OTHER MEMBER

ページトップへ戻るボタン